タイ銀行口座開設@パタヤ パタヤでの銀行開設も難しくなりつつあります!

この記事は1分で読めます

 

先週末、日本からブログ読者の方がタイに来られた際、
パタヤにて銀行口座開設に行ってきました。

普通、ビザのない旅行者が口座開設を行なおうとすると、ちょっとしたコネクションのある方でしたら、バンコクで開設できたりもしますが、コネの無い一般の方ですと、パタヤ、それもガシコン銀行でしか口座開設できませんでした。

その状況は今も変わらずなのですが、
先日口座開設に行った際にすこし変化が感じられたので、
シェアしたいと思います。

銀行に入り、行員のお姉さんから、来店の目的を尋ねられたので、口座開設ということを次げた所、先ず、口座を開設する目的、そして、タイ国内の住所(ホテル不可)、携帯電話番号はあるかどうかと言う事につき質問を受けました。

このような事はここ数年ありませんでしたので、
ついにパタヤにおいても簡単に口座開設が出来なくなる日が近づいているのかもしれません。

今回は僕のほうで用意したものがあったので、問題なく事は済んだのですが、これからタイで口座を開きたいと思われる方は急いだほうがよいように感じました。

 



現在、ドラえもんのキャラクタ-通帳となっています。

ちょっと前はキティちゃんでした。

僕は以前、キティちゃんのタイプでしか口座開設が出来ず、かなり恥ずかしい思をした事があります、、、。

この辺もっと選択肢を広げてくれればいいのになぁと思いながら、まあ、これも何かのネタになればということで、機能的には同じなので、よしとしましょうか。

で、話をもどして、、、、。

この辺の邦人の口座開設が難しくなっている傾向は全世界で起こっており、ここパタヤでも例外ではないようです。

すでにガシコン銀行以外では、労働許可証の提示が求められていますので、ガシコンだけがこのままずっと今の状態を続けるのはまずいのでしょう。

いずれにしても、これからパタヤで口座開設をされようとする方は、

「開設の目的」

「タイ国内住所、携帯電話番号」

上記、3つの情報を必ず準備しておいたほうがよいです。
目的については英語、ないしタイ語でちゃんと説明してくださいね。

また、何か動きがあったら、このブログでご連絡したいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る