シラチャ郊外の商業施設「J Park」いよいよ本格稼動?その思惑とは?

この記事は2分で読めます

 

マックスバリューのオープンと共に、シラチャ在住者にはすっかり定着した感のある、「J Park」。

バイパスを渡ってすぐのロケーション為、会社からシラチャ市内に戻る途中に買い物ができ、大変便利なのです。

Leoも豆腐やかつお節、インスタントラーメンなど、日本製にこだわっているアイテムはここで買い物する事が多いですね。

特にマックスバリューは24時間営業ですから、帰りが遅くなりがちな単身駐在の方や夜勤あがりの方などにも大変重宝している事と思います。

さて、このJ Parkですが、ソフトオープン後も引き続き工事を進めていたのですが、最近ようやく第2フェーズが仕上がって来ました。


おなじみのDaisoやワコール等をはじめ、スパや飲食関係のお店もオープンし、なお、新年の開店の為に急ピッチで準備を進めている店舗も多数あります。

機能的な郊外のショッピングセンターとしてとてもいい感じになってきました。


また、このJ Parkですが、当初の予定通り、細部はどうあれ、なかなか日本的な雰囲気に仕上がってきています。

ですので、バンコクやパタヤ、コラートによくある、「テーマパーク的」利用が、今後タイ人の間で進んでいくのではと思っています。

サハグループの狙いはここにあると思っています。

日本的でタイ人受けしそうだと思いませんか?

後方に見える、金閣寺みたいな建物は、タイ料理レストランになっています。
雰囲気は悪くないと思います。

パタヤへの旅行者が帰り際に寄りやすい立地ですから、パタヤで遊んだあと、こちらに寄って写真を撮って、日本料理を食べて、日本的なグッズを買って、バンコクに戻るといった感じの利用もこれから増えていく事でしょう。

タイの人がデザインしているだけに、おかしな日本?もあり、それがまた良い感じ?

とにかく、ここは日本人というよりは、タイ人マーケットを狙っており、今後日本風テーマーパークとしてタイ人の間でも認知されてくる事でしょう。

更に先ほども言ったように、バンコク、パタヤからのアクセスが良いため、ご家族連れがパタヤで遊んだ後の帰りがけにも多数利用するでしょうし、またこの周辺はタイ人中間層の一大住宅地に成長してきていますので、彼らの日常のインフラとしての利用だけでも十分に大きいと思います。

パタヤ、バンセンと人の集まる街に挟まれながら、なかなか人を呼び込めていなかったシラチャ。

中心部ではなく、幹線道路近くに立地させる事で、新興住宅街、ならびにパタヤという、大観光地から観光客を引き込もうとする戦略は見事なものだと思います。

本格オープンを目前にしたシラチャの日本町「J Park」を中心とした郊外の開発。

これからますます目が離せません!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る