これから東南アジアは分業が進んで各地が平行して栄えていきます!

この記事は1分で読めます

 

今日の日経新聞。
メコン経済圏ラオスの記事でした。
毎度毎度東南アジアはこの手の景気の良いお話でいっぱいです。
やることは幾らでもあるなぁ。


メコン圏はこれまでタイがダントツでしたけれども、ベトナムが発展し、
それに続いて、タイの洪水、人不足、人件費高騰からカンボジア、ラオスが注目を集め、そして民主化が地についてきたミャンマーとこれから活性化するお話しかありません!

メコン川をはさんでタイと国境を接する街、サバナケットですか。

15,6年前は、陸路で国境渡ろうとしてたけど、こんな注目を集める地域になるとは夢にも思いませんでした。

東南アジアはバンコクなど大都市が注目されがちですが、今や外貨獲得の柱は製造業。その中心はタイ東部、そしてカンボジア、ラオス、ベトナムを巻き込んで域内分業で成長に入る時代となります。

 

数年後にはここにミャンマーが入ってきますね。

 

活躍の場は有り余るほどある東南アジアに来てみて、その勢いを肌で感じて、その上で自分達が何ができるのか? 考えてみる事。

 

そういった視点で東南アジアを見ると、何をすればいいのかが見えてくると思います。
いい時期に東南アジアに居合わすことができたと素直に思ったのでした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る