シラチャ在住の駐在員から教わった、駐在員が物件を選ぶ3つのポイントとは?

この記事は2分で読めます

 

僕のブログの読者には、

いつも貴重な情報を教えてくださる、

シラチャ在住、駐在の方が多数おられるのですが、

 

先日シラチャ在住7年になる駐在員の方とお食事する機会がありまして、

その折に非常にためになる情報を教えて頂きましたので、

読者のあなたにもシェアしたいと思います。

 

「駐在員がお部屋を選ぶポイント」

 

投資家にとってはとても気になるトピックだと思います。

 

もったいぶらずにストレートに書きますが、

 

先ず、

 

「バスタブがあること」

 

これは日本人特有の事だと思いますが、

男女問わず、バスタブ付きのお部屋を希望される方は非常に多いですね。

 

最近では若い方も多いですから、

シャワーだけで十分とおっしゃる方も増えてきていますが、

日本人テナントを付ける上で、

かなり重要なポイントの一つである事は間違いないですね。

 

 Bath tub

日本人はやはり湯船にゆったり浸かりたいというのが、

本望なのですね。

2点目は、

 

「メイドサービス、ランドリーサービスがついている事」

 

こちらもある程度納得です。

 

単身で駐在の方に取って、本サービスは有難いと思います。

 

朝は6時位から部屋を出て、

部屋への帰りは、外食後、さらには飲み後となり、22時、23時。

 

休日はゴルフ&マッサージといった

生活を送っておられる単身駐在者にとって、

この手のサービスは少々お金を払ったとしても、

是非つけて欲しいオプションになるかと思います。

 

3点目。

 

これは僕にとっては結構以外だったのですが、

駐在者の中ではこの3点目を重視しておられる方も

結構おられるということでした。

 

それは、、、、。

 

「朝食が付いていると言う事」

 

連日連夜長時間労働となる事が多く、

工場内での管理業務がメインであるため、

体力的にはかなり大変ですから、

朝食食べて、一日のパワーを蓄えておく事はかなり重要な事なのだとか。

 

確かに、お昼もいつも工場で

同じ献立ばかりを食べている事が多いですし、

(タイラーメンや焼き飯など)

 

夜も仕事で遅くなり、外食で済ませ、

バランスを欠いた食事になりがちな生活を送っておられるので、

健康志向が強い方ほど、朝食付き物件を選択されるというのは、理解できます。

 

以上が、現役駐在員が教える、

お部屋選びの3つのポイントです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

僕個人的には、あたらずともがなって感じがしました。

 

しかし、かなり王道的な考え方であることは間違いないと思います。

 

その結果として、

シラチャのサービスアパートが大流行しているわけですし、

サービスアパートの空きがないから、

仕方なくコンドミニアムで生活しておられるという方もおられます。

 

では、コンドミニアムはサービスアパートに継ぐ、

第2第3候補にしかなりえないのか?

 

僕は決してそんな事はないと思っています。

 

それは、事実多くの方がコンドミニアムだからこそ選択しているからです。

 

コンドミニアムならではのメリットがありますし、

(もちろんデメリットも)

 

昔から、全ての方がサービスアパートを好んでいるというわけではありません。

 

サービスアパートとコンドミニアムの良い点を

あわせたお部屋を用意する事ができれば、

入居者にとって最大限の価値を提供できると思います。

 

という事で、
次回はコンドミニアムのメリットデメリットについて触れてみたく思います。

 

ご参考いただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る