大手仲介業者でも安心できない理由

不動産売買において、仲介業者は投資家とオーナーをつなぐ大切な役割を担っています。

ましてや海外不動産を購入するとなると、更にその役割は重要になります。

不動産仲介業者の役割は、ただ単にいくつか物件を紹介して販売し、投資家とデベロッパーから手数料をもらっておしまいという類のものではありません。

投資家とオーナーが安心して取引が行なえるように、文字通り両者の橋渡しをする役割を担っていますが、情報提供、通訳、翻訳のみならず、各方面からの投資アドバイスやコンサルティング、コーディネートを行い、また購入後の手続き、完成後のメンテ、お客付けなどアフターケアまで、その業務は長期に、そして多岐に渡ります。

勝手の分からない海外において、10年、はたまた数十年という長期に渡って、投資家の方の現地パートナーになるわけですから、仲介業者選びは非常に重要な要素の一つとなります。

日本とは異なる独特の商習慣、現地の言葉、法律などに精通しているかどうか、政財界、現地有力者との人脈、オーナー、デベロッパーと密な関係性が築けているかどうかなど、取り扱い物件以外にも重要な点が多数ありますね。

では「大手仲介業者ならば安心か?」ということを聞かれますが、けしてそうとは言えないのが現実です。

大手仲介業者には多数の物件情報が入ってくることは確かですが、取り扱い物件も多く、従業員も多い彼らで、果たして上記あげたような、長期に渡るきめ細かいサポートが出来るかというと疑問です。

一人一人の投資家の方と関係性を築き、購入後も個別にアドバイスやアフターサービスを行なえるかというと、それは難しいと思います。

不動産投資は買うまでも重要ですが、買ってからが更に重要です。

したがって、大手、小規模問わず、信頼できるレスポンスの早い、現地パートナーに相応しい、仲介業者を選択される事が肝要かと思います。

RETURN TOP
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る