バンコクの政争はチョンブリ経済にどんな影響を及ぼすのか?

この記事は3分で読めます

 

バンコクのデモによる影響で、

外国人観光客の減少が顕著になり、

個人消費の伸びも陰りを見せているタイ経済です。

 

この政治的混乱はいつになったら終わるのか?

 

関係者が固唾を呑んで見守っていますが、

さて、どのような終結を迎えることでしょう。

 Steep san

デモのピーク時、中国正月時のチャイナタウンでの様子。

 

そんなこんなで、

少し停滞感のあるタイの景気なのですが、

ここチョンブリ、シラチャエリアに関して言うと、

2014年に入っても衰えることなく、

相変わらず活発だと感じています。

 

バンコクは観光、金融、商業中心、

そして、チョンブリは電機、

自動車産業を中心とした経済基盤ですので、

影響の受け方は異なっています。

 

まったく影響ないとはいえませんが、

特に政争に関することで言えば、

チョンブリはほとんど蚊帳の外状態で、

ニュースや新聞などを見なければ、

 

まったくといってよいほど、

バンコクの様子を気にすることもありません。

 

僕も日常的にチョンブリで過ごすことが多いですので、

バンコクに出て行くことでもなければ、

デモを意識することはほとんどありません。

 

それだけ、バンコクとその他の地域というのは

異なるものだと言えると思います。

 

これはタイの人にとっても同様で、

たとえば、僕の嫁もまったくもってデモのことを知りません。

(デモが起こっていることは知っていますが、その詳細に関して。)

 

僕が半政府系の放送にチャンネルを変えて、

集会の様子を見ようものなら、

 

「チョンブリは関係ないから!」

 

といわれて、いつものテレビドラマに

チャンネルを変えられてしまいます。(笑)

 

このデモが自分たちの国の一大事という意識は

まったくといってよいほど、一般タイ人の中にはないですね。

 

特に地方のタイの人にとって見ればなおさら。

 

あれだけ内外のメディアに

大きく取り上げられているにも関わらず、

これはとても不思議なことですね。

 

日本に住む家族、友人からは、

 

「爆弾騒ぎや死傷者も出ている見たいだけど、

本当に大丈夫ですか?」

 

そんなご心配の電話やメールをたくさん頂くのですが、

僕自身はまったくもって、

そういった現場とかけ離れたところにいますので、

 

「チョンブリではなんの影響もありませんよ。

ごくごく普通の日常生活を送っています。」

 

とまるで緊張感のない返答をしています。

 

これはここ10年の中で起こった様々な重大事件、

 

たとえば、クーデター、空港占拠、赤シャツデモ、

大洪水、そして今回の反政府デモにおいても同じ事でした。

 

2006年9月のクーデター時のことですが、

そのとき僕はレムチャバンという港町のはずれ、

周りには椰子畑しかないような長閑な地域に住んでいました。

 

このクーデターは夜に起こったため、

クーデターがあったことを知ったのは、翌日のこと。

 

当時勤めていた会社にも何も知らずに通常通り出勤し、

朝になって上司から、

バンコクでクーデターがあったことを知らされました。

 

って、遅すぎますよね!(笑)

 

それほど、バンコクとチョンブリでは温度差があったりするのです。

 

同じ国でありながら、非常に興味深い現象だと思いませんか?

 sriracha city

シラチャの街の変わらぬ風景。

 

というわけで何が言いたいのかというと、、、、。

 

ビジネスや不動産投資に関して、

政変や小競り合いは長期的に見て

大きな影響はないであろうということ。

 

特に地方ではその影響はさらに少ないであろうということ。

 

パタヤなど観光地になると、

観光客の減少により、多大な影響を受けますが、

その他多くの地場産業によって成り立っている街は

いつもと変わらぬ活気があります。

 

日本のメディアはデモの激しい部分をこぞって伝えていますが、

そういったところはごく一部でしかありませんし、

タイの大部分の人はデモとはまったく無関係に、

日常生活を送っています。

 

ですので安心して、タイにもいらして欲しいですし、

活気を感じていただきたいです。

 

デモ騒動が治まるとまたまたさらに勢いよく、

活気付いていくことでしょう。

 

と、僕は常に楽観的に見ています。

 

何かのご参考になれば、幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る