突如現る?バンコクのサービスアパートグループ、シラチャに進出!

この記事は2分で読めます

 

あいも変わらず、開発の話で持ちきりのシラチャですが、

またまたかなりビックなプロジェクトが始まりました!

 

なんと、バンコクで有名な、

あの「CITI RESORT グループ」がシラチャに進出してきます。

 

CITI RESORTは、

日本食材販売で超有名なFujiスーパーを併設している事から、

バンコク在住の方には非常になじみが深い

サービスアパートではないでしょうか?

 

大手サービスアパート運営会社のシラチャ進出は

かなりのインパクトとなります。

 

2014年の3月に建設が始まったばかり。

 

工期は28ヶ月という事で、2016年7月完成予定。

 city resort sriracha front

建設現場の様子。
これからいよいよ始まるといった雰囲気満点でした。

 city resort sriracha location

中心部から程近く、スクムビッドに面したロケーションです。

 

ビッグなプロジェクトと言ったからには

サイズも本当にビックで、

 

なんと31階建て!

 

総工費7億7百万バーツ(21億2千万円)のビックプロジェクト。

 

まだ詳細は分かりませんが、

CITI RESORTグループの事ですから、

サービスアパートに加え、商業施設も併設される事は間違いないと思います。

 city resort sriracha image

CITI RESORTさんのWEBに載っておりましたので、写真を拝借させて頂きました。

 

進捗はまた随時レポートしていきますので、

お楽しみにしていてください!

 

前々からお伝えしているように、

これからどんどんバンコクベースの大手資本が

シラチャに投下されていきます。

 

これまでは人もモノも金も、地元チョンブリ主体でした。

 

パタヤもラヨーンも同様なのですが、

バンコクの大手資本が入ってくることによって、

開発の規模、スピードが全く変わっていきます。

 

洗練された内装、外装はもとより、

サービス、運営ノウハウはシラチャのホテル、サービスアパート、コンド等の

レベルを引き上げる事でしょう。

 

そしてここ数年でシラチャの街も、激変する事でしょう。

 

そのときにはもはや日本人の工員さんの街とは

言えなくなってくると思います。

 

立派な地方の1都市として、

東部工業団地を支える、タイ人の中間層が主体となる、

多様なコミュニティが形成されるようになるはずです。

 

恐らく今年は新生シラチャ開発元年。

 

そしてここ数年でインフラ開発が本格化し、

広い分野へ経済効果は波及していく事でしょう。

 

街を歩けば、新たな工事現場を目にし、

車で走れば、あちこちで道路工事渋滞が発生しており、

前方には大量のコンドや戸建て物件のサインボードが目に付く。

 

シラチャは今だかつてないほど、

建設ブームに入ってきています。

 

是非この活力を実際に感じて見られませんか?

 

日本にいては思いもつかなかった、

様々なアイデアが浮かんでくる事でしょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る