プレビルド物件とは?

タイでは、一般的にプレビルド物件と呼ばれる、物件の建設開始前から販売が開始され、完成までに物件価格20-30%程度を月割りで毎月支払っていく形の購入方法があります。

*完成までに払い込む金額のパーセンテージは物件によってかなり異なりますので、あくまでご参考としてお考え下さい。

 *払い込みのパーセンテージは地域によって非常に異なり、こと外国人投資家の多いパタヤにおいては完成までに50%以上払い込む必要のある物件も多いです。

よって正確には物件ごとに個別にお問い合わせ下さい。

 *外国人投資家の少ないシラチャでは、10-20%の頭金で済む物件が多く、こちらは非常にキャッシュフローが楽です。

完成までは約1〜3年の期間がかかるのが一般的です。

プレビルド物件の特徴として、建設中から物件の値段が上昇していき、最終的に当初の1.5倍-2倍となる事も珍しくありません。

私のイメージですが、プレセールは大体建設開始の1年-半年位前から行なわれ、先ず1,2割安い価格で売り出されます。

大手が売り出す、ロケーションの良い人気物件の場合は、数日から数週間で売り切れてしまう事もあります!

そのときにはまだモデルルームはおろか、セールスオフィスも、パンフレットすらない状態ということも珍しくないので、慣れていない方は大変驚かれると思います。

プレセールが終わるとデベロッパーは大体10%程度値上げをします。

その後、立派なパンフレットができて、セールスオフィスで販売を開始します。

この時期は売れ行きに応じて5%-10%の値上げがありますね。

それから数ヶ月後、モデルルームが完成する頃になると更に5-10%値上げがあります。

最初から購入している投資家にとってみれば、すでに30%値上がりしているということになりますね。

建設途中で物件の権利を転売する事もできますので、プリセール(売り出し直後)の底値で購入し、30%値上がりした所で転売し、小資金で大きなリターンを得ることも可能です。

中にはプレビルドで数件を購入し、完成前に転売(フリップ)する事で大きく利益を上げている投資家の方もいらっしゃいます。

もちろんそのまま完成まで待ち、所有する事が一般的です。

その後建設が進むごとに、小刻みに値上げは続いていき、完成の際には倍近く、ないしは倍以上ということも起こっているのです。

地価の値上がりが続き、経済成長、地域の発展が続いている国の勢いのある地域の特徴ですね。

タイでは歴史的に見ても土地の値段が下がっておらず、土地神話が健在です。

大洪水のあったアユタヤ、洪水で浸水したバンコクのチャオプラヤ川周辺の土地ですら、洪水後も価格が下がっていないといいます。

この傾向は2015年アセアン統合まではもちろん、それ以降も続いていきそうです。

*あくまで過去の実績に基づいた例であり、これからの値上がりをお約束するものではありませんので、投資される際にはご自分でよくよくご検討をなさってください。

11043008_615029405297106_6865924459894160487_n 急ピッチで建設が進む、シラチャのGoldenCity。

手前がイオンモール、奥がThe Skyコンドです。

The Skyは建設前には売り切れ、建設が進むごとに価格が上がっています。

RETURN TOP
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る