1.   これまでも再三シラチャのアパート、 コンドミニアム開発をメインにしながらご紹介してきましたが、 今ほど投資熱が高まった時はないように感じます。 これまでシラチャという街は、 「知る人ぞ知る」 と言う街で、自動…

  2.   先日まで日本に戻っていたのですが、 日本から戻ってすぐ、早速素敵な出会いを頂きました。 シラチャで新しくお部屋のオーナーさんを訪ねたのですが、 オーナーさんはなんとプロゴルファーでした。 プライバシーにも関係するの…

  3.   企業の進出が続き、日本人の増え続けるシラチャ。 物件が足りない、 3年で供給が過剰になる?、 いやいや、さらにバンコクからご家族連れが移動してくる、 企業の進出がこれからも安定的に続いていく、 新規プ…

  4.   タイで不動産と関わると、 どうしてもお付き合いをしていかなくてはならない場所があります。 それは、、、、。 「土地局」ですね。 土地局というのは、要するに、 土地や建物を登記する役所の機関のことで、 戸…

  5.    今回は、毎日いろんな活動を行っていく中で、 数多くの方に聞かれる質問に答えてみたく思います。 そのままストレートに書きますが、 「シラチャではどんどん開発が進んでいますが、オーバーサプライにはならないのでしょうか?…

  6.   日本では大型台風の話題で持ちきりですが、 10月末になろうとしているタイでは比較的落ち着いた雨期のように感じます。 いつもは今年の洪水はどうなるか?ということで、 身構えている時期でもあるだけに、 まだまだ予断は許さな…

  7.   前回は前置きが長くなってしまい、 引っ張ってしまってすみませんでした。 では早速本題に入って行きたく思います。 アマタ・コーポレーション殿の工業団地はタイに2箇所あります。 ひとつはチョンブリはバンコクから57…

  8. シラチャと言えば、 「タイ製造業 を支える工場戦士達のベットタウン」 そういった位置づけとなっていますが、 だからこそ、 シラチャの街の景気は製造業の業績に左右されるとも言われており、 進出ラッシュ…

  9.   昨年からちょっと元気のない、タイ産業界。 一番のドライビング・フォースであった自動車産業においても、 エコカー減税による消費の先食い、 その後の消費の減速から国内販売台数も伸び悩み、 ここのところ停滞していました。 …

  10. このところ新しく様々 な方とのご縁があり、 いつもの個人の活動に加え、個人の枠を超えた大きなプロジェクトに関わり始めています。 詳細はまだお知らせできないのですが、 これが現実になれば、本当にすごいことになると…

RETURN TOP
お部屋探し

最近のコメント

    このサイトについて

    現地に根ざした投資家であり、大家であり、ブロガーでもある金本が、他では手に入らない、足で稼いだディープなシラチャ・パタヤの不動産情報をお届けしています。 発展するシラチャ・パタヤの街と共に、ビジネス、不動産投資を通して成長していきたいと思う方とのご縁をお待ち申し上げます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る